たまによく分からない法律があるのが不思議です。

法律は人を守るためにあるというのが大原則ですが、たまに「これって、本当に正義なの?」と思えるような法律があります。

それが交通事故についてです。日本では、歩行者が一番の弱者です。歩行者が信号無視をして道を渡り、それを自転車や車で衝突しても、悪いのは自転車や車になってしまいます。車を運転しているというだけで、少しは非があるというのが法律です。それが私にはよく理解できません。信号無視した人が一番悪いんじゃないの?と考えてしまいます。

しかし、だから交通事故の件数が押さえられているという考え方もあります。強い者がより注意をする事で、事故を防ぐ事ができます。弱い者を守るという考え方である日本は、弱肉強食じゃないのが平和なんだなと感じます。法律があって、それを守るから平和な秩序が保たれています。

法律が整備されていない国や時代では、平和で穏やかな暮らしができているとは言えません。たまに理解できない法律もありますが、そう考える事ができるのが平和です。

大阪のインプラントの成功率は?