同等の引越し内容だと勘違いしがちですが

ハイウェイや郊外道路のクルージングでは、低公害化されたディーゼル・エンジンを使い、市街地に入ったらEVで走る。つまり、ハイブリッド串ということだ。

 ライトウェイト・スポーツカーは、走る楽しみを味わうだけでなく、仕事の足にも使うし、日常的な買い物や用足しにも使う。2シーターのコンパクトなサイズと身のこなしのよさは、シティ・コミューターとしての素質もあるからだ。これは前にも触れたが、かつてのトヨタ・スポーツ800のコンセプトを、蘇らせたような辛がいい。低速性と高速性を高度に両立させ、かつ燃費のすぐれた一・三色程度のガソリン・エンジンと六速のMT(マニュアル・トランスミッション)、そして軽量さと高度な安全性がほしい。もちろん、ボディはオープンで、幌はシンプルで軽量な手動式でいい。それに、さらに賛沢が許されるなら、私たち夫婦のメモリアル・カーである六七年型MGBがこれに加えられればいうことはない。