今や常識となっている引越し情報サイトの「一括見積もり」ですが

継続して黒字を計上し、利益率も高く、品質に対する評価も輝かしいものだからだ。 ジャーナリストならトヨタかホンダを世界最高のメーカーに挙げるかもしれない。

もちろん自動車業界はコスト削減に懸命だし、トヨタにしろホンダにしろ、効率や品質や生産性ではランボルギーニよりも上かもしれない。もつともランボルギーニの純利益率はホンダよりも上だが。しかしランボルギーニは、業界の調査において品質と生産性で高い点数を獲得しているだけでなく、極めて難しい三つの基準で一貫して期待に応えつづけている。高い利益率、つねに売れているだけでなく自動車ジャーナリズムからかならず高い評価を受ける製品、そして夢のあるマーケティングのメッセージを一貫して明確に打ち出していること。この三つだ。ホンダもトヨタもすばらしいメーカーではある、単なる道具でしかない車、本物の〝モーターカー〃の熱意と気迫に欠ける車を作ることが多い、という欠陥を抱えている。