司法試験合格者は借金まみれ

司法試験合格者というとこれから弁護士になって高収入が約束されるようなことを考えている人も多いですが、実際にはそうでもないみたいですね。

実際に司法試験の合格者が無給で司法修習を受けている問題が近年クローズアップされてきて、司法修習生に対する支援を訴える学生・若手法律家団体「ビギナーズ・ネット」が修習生に対して一定の手当を支払う制度作るように訴えたみたいですね。

実際に司法試験合格者に合格しても「司法修習」という実地研修を受けた後、「二回試験」に呼ばれる試験に合格しないといけないので、無給期間があるとなかなか生活が厳しいという現実があるみたいです。

また修習に専念する義務」があるため、アルバイトが原則として禁止になっているのも問題ですね。

確かにアルバイトが出来ないなら借金して生活費を工面するしかないですからね。

そうなると「司法修習」後に弁護してある程度の給料で働けないと借金生活が続いていしまって、債務整理することにもなりかねないです。

弁護士の自分の債務整理を自分で行うというのはかなり皮肉な話になりかねないですよね。

債務整理については下記が参考になるのでよかったら参考にしてください。

https://www.fukuda-law.jp/