糖尿病は食べ過ぎから

糖尿病は、遺伝的な素因が関わっています。素因がある人が、食べ過ぎなどで不適切な生活習慣であると、糖尿病になってしまいます。逆に、糖尿病になった人は、生活習慣を変えれば、糖尿病でない状態に戻すことができるだけでなく、高血圧、脂質異常症、高尿酸血症(通風)も治ります。糖尿病の多くは、食べ過ぎが原因なのです。食べ過ぎると体脂肪が増加します。体脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪があります。内臓脂肪は腸の周りについている体脂肪で、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの働きを悪化させる物質を分泌しています。さらに血糖値が上昇すると、インスリンの出方も悪くなります。糖がインスリンの分泌に対し、毒として働いているいるよぷなので、この現象を糖毒性といいます。近年、内臓脂肪がインスリンの働きを悪くし、糖毒性を引き起こす過程が明らかになりました。逆にいえば、体脂肪(内臓脂肪)を減少させると、糖尿病は治ります。
「夜遅く食べると、寝るまでに消費できないから太る」という人がいます。しまし、睡眠中も基礎代謝でカロリーを消費しているので、夕食が遅くても、体脂肪が増加することはありません。
http://real-fx.net/

学生の私が脱毛を決意した理由

母に脱毛に行こうと相談したところ、まだ若くて肌も綺麗なのに脱毛に行くなんて信じられないと猛反対にあいました。ただ、自分としてはムダ毛が濃いことに以前からコンプレックスを感じていたので、どうしても何とかならないか?と思っていたのです。

Read more

幼稚園と家での違い

下の子が幼稚園に行きだしてから、今までしっかりしていた性格がだだをこねるように変化してきたように思えます。幼稚園は朝8時30分から3時まで。上の子が同じ年齢のときは午前中だけで午後はなかったのだけど、それが変更になって午後にもクラスがある事になりました。 Read more