急性の腰痛の原因

腰痛は突然予期せずに痛みが腰を襲います。一般に急性の腰痛は、中腰で物を持ち上げようとしたときや、後ろを向こうとしたときに何かを取ろうとして、不用意に腰をひねったとき、滑りそうになったので踏ん張ってこらえたとき、などの日常のちょっとした動作のきっかけとなって起こり生ます。ときには、くしゃみやせきでも起こります。
このようなことが起こった腰痛は、ほとんどの場合、重症の腰痛ではありません。だから、あわてないでまず横になり、痛みが和らぐような姿勢でじっと安静にしています。数日から1週間くらいで比較的安静に過ごせば、痛みが次第に取れていくはずです。
このタイプの腰痛は繰り返すことが多く、しかも繰り返すたびに症状がだんだん重くなることが多いため、痛みがなくなった場合でも、念のために医師の診断を受けておくいことが安心です。このような腰痛の代表は「ぎっくり腰」として知られる急性腰痛症です。ぎっくり腰をドイツでは、「魔女の一撃」といいます。
川井太郎の腰痛体操