手話の始まり

手話は、聴覚障害者が日常のコミュニケーション手段として使用しているの話し言葉です。最近は手話も普及して音声語(日本語)と違った特徴についても次第に解き明かされてきましたが、ここでは、まず、手話の始まりについて、手話サークルのこと、手話通訳のこと、ろうあ運動ことなどについて取り上げます。
手話という交信手段がいついごろからあったのか、それは定かではありません。いろいろな考えがありますが、手話はやはり聴力障碍者の集まり、集団がないとには、発生しないことは確かでしょう。では、その聴覚障害者の集団というのはいつごろからあったのかということが詳しいことはわかりません。例えば、農山村だとか離島で、あるいは都市の小地域で、または職業、生活のなかで小さな集団が作られたかもしれません。そこに聴覚障害者同士意思を伝えあったり、喜びや悲しみを享受するために、身振り動作による合図があったことによるでしょう。これが自然な手話の始まりであろうと考えられます。
谷千春の「ワンステップ手話講座

パン作り

半そでを着る季節のパン作りは、パンの発酵も活発に行われ、発酵時間は少ないけれどもパンの生地はしっかり膨らみます。それとは反対に、セーターを着る季節になると、パンの発酵は少し時間長めにとってパンを発酵させても、 Read more

ダイエット食品を活用したダイエット法については…。

ダイエット茶には、「脂肪吸収を抑えるよう機能してくれる」「脂肪の分解のスピードアップに寄与してくれる」「新陳代謝を激しくしてくれる」など、女性の方々にとってみれば魅力的な効果がいっぱいなのです。
チアシードと言いましても、白色の「ホワイトチアシード」と色が黒い「ブラックチアシード」の2種類が売られています。 Read more