その車を売る時は中古車になるってしってる?

ピカピカの新車を購入した時にはとてもうれしい気持ちになります。ですが、中には新車を購入したものの、何かしらかの理由ですぐに手放す必要がある場合もあります。このような場合、いくら新車で購入した場合でも、手放すときにはすでに中古車として売ることになるというのはご存知でしょうか?

新車と呼ばれるのは初めてその車を登録するときに購入した場合の呼び名で、すでに一度でも車を登録した後に売却する場合には、取扱としては中古車になります。

まだピカピカなのに中古車として売ることになるというのはちょっと納得できない部分もありますが、制度上どうしても中古車としての取り扱いになります。そのため、新車購入時に比べると車を売る時の価格は下がってしまいます。

時折車販売店には新古車と呼ばれる車もあるから、自分の車もせめて新古車にしてほしいと思うかもしれませんが、この新古車というのはあくまでも呼び名で、正確にはあの新古車と呼ばれている車も中古車として取引をされることになります。

ただ、やはりピカピカの状態なら一般的な中古車よりは高く売ることが出来ますので、売る必要が出た場合には早めに売ることが高値で売ることが出来るポイントです。