インプラントの特長とは

歯が抜けた箇所に設置する補綴器具にインプラントがあります。
インプラントの特長にはどんなものがあるのでしょうか。

まず、インプラント以外で歯が抜けた箇所に設置する補綴器具にはブリッジと入れ歯があります。
ブリッジや入れ歯とインプラントにはどのような違いがあるのでしょうか。
その違いからインプラントの特長を見てゆきたいと思います。

ブリッジや入れ歯は保険が適用されます。
保険が適用さますので、治療費の1割から3割の負担で設置することができます。
費用の面から考えると、入れ歯やブリッジの方が優れています。

インプラントは保険が適用されないで、自費治療となりますので、費用が高額になります。
しかし、インプラントはブリッジと比べても嚙む力があります。
自然の歯とほぼ同じくらいの力で噛むことができます。
これが、インプラントの最大の特長です。

ブリッジは設置する時に両隣の健康な歯を削って設置しますので、健康な歯がちょっと犠牲になってしまいます。
インプラントは歯が抜けた箇所に埋設しますので、基本的に両隣の歯を削るということはありません。
しかし、外科手術が必要になりますので、体への負担も少なからずかかりますし、治療期間もかかります。

メリットとデメリットがそれぞれの補綴器具にありますので、あなたが一番いい方法で治療をされるのがいいのではないでしょうか。

http://xn--008-s73bugma9h9068cda4065a9likr7h.xyz/