脂肪吸引で痩身する方法

最近脂肪吸引で痩身しようとする人が増えています。脂肪吸引で痩身する方法にはどのようなものがあるのでしょうか。皮膚を切る脂肪吸引と、皮膚を切らない脂肪吸引とがあります。皮膚を切る脂肪吸引では、切り口から脂肪を吸引するための吸引管を入れます。最近では皮膚の切開の範囲も小さくなり体への負担も軽くなっているようです。

切る脂肪吸引は切らない痩身治療と比べると、痛み、内出血、腫れなど体にかかる負担が大きく、術後の回復が遅いという欠点があります。除去できる脂肪の量が多く、リバウンドがおこりにくいというメリットがあります。皮膚を外側から刺激し、吸引管を入れずに脂肪を出すことが、切らずに行う脂肪吸引の方法となります。最近ではアメリカの厚生省が痩せると認可しているハイテク技術を搭載した痩身マシンまであるといいます。体やお肌への負担を緩和したいなら、切らない方法が適しています。治療内容も部分痩せに適しているので、もともとの脂肪量が少ない方も気軽に受けることのできる脂肪吸引です。切らない脂肪吸引の場合には通常の脂肪吸引と比べて脂肪を除去できる量がとても少ないという欠点があります。多くの場合痩身効果は長続きせず、継続して治療を受けないとリバウンドをする可能性もあるので要注意です。脂肪吸引時にメスを入れるか迷う時などは、まずカウンセリングを受けて説明を聞いてから決めるのもいいでしょう。
シェイプス 料金