英語が話せる国ってどこ

英語が話せる国ってどこなのでしょうか。
アメリカ合衆国やイギリスはもちろんですが、それ以外で話せる国はあるのでしょうか。

英語が公用語や国語になっている国って意外と多いのです。

北米では、アメリカ合衆国以外にはカナダがあります。
カナダは一部地域がフランス語を公用語としています。

ヨーロッパでは欧州連合の国々が英語を公用語としています。

中南米はスペイン語が公用語となっている国が多いです。
その中でも、中南米のジャマイカやバハマが英語を公用語としています。

オセアニアでは、オーストラリアやニュージーランドが英語を公用語としています。
この辺りは、歴史的に見て英語が話せる国ですね。

アジアでは、インドやシンガポールやフィリピンが英語を公用語としています。
しかし、現地の言語や中国語も公用語などになっている国が多いのが特徴です。

アフリカでは、ケニアや南アフリカやジンバブエなどが英語を公用語としています。
アフリカ地域もアジアと同じように現地の言語も公用語や国語になっている国が多いです。

このように、多くの国や地域で英語が話されています。
歴史的なことが原因だったり、現地の言語が複数あったりして共通語として英語が利用されているケースもあります。
英語が話せる国って意外と多いのが分かります。

http://xn--026-qi4b3a9fh3n1bxg1e5ecf3986izl7hvw0a.xyz/