下り最大の通信速度が従来の110Mbpsと言う速度から

Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOに対応し、下り最大通信速度が従来の二倍となる220Mbps出る点が特徴のWiMAX端末です。4×4MIMOとはWiMAX端末に内蔵された4本の受信器と、WiMAX基地局に設置された4本のアンテナで4回線同時の通信を行なう技術の事です。
そのテクノロジーにより、下り最大の通信速度が従来の110Mbpsと言う速度から、二倍の220Mbpsとなるのです。そして、Bluetoothと言う機能に対応していますから、Wi-Fiよりもわずかな電力でテザリングを行なう事が出来ます。UQ WiMAXサービスには様々な料金プランがありますが、25ヵ月間契約プランが一般的です。 Read more

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の主な特徴としては

WiMAX端末の中には、au 4G LTEと言うauの提供する通信回線を扱えるものもあります。
au 4G LTEは人口カバー率が99%と言う通信回線で、幅広いエリアで利用出来ます。

それから、800MHzのプラチナバンドの電波を使用してますから、奥まった部分まで電波が届きます。その代わりに、一回でも使用すると月に1005円の回線使用料が請求されますし、ギガ放題プランであっても通信制限が普通に適用されます。Broad WiMAXとは株式会社LinkLifeが運営するWiMAXサービスでして、特に月額最安プランと言う料金プランが特徴的です。 Read more

ギガ放題プランと通常プランと言う2種類の料金プランがあります

Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOに対応し、下り最大通信速度が以前の二倍となる220Mbps出る点が特徴のWiMAX端末です。

 

4×4MIMOって言う機能はWiMAX端末内に装備されている4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本のアンテナで4回線同時の通信を行なう技術の事です。このテクノロジーによって、下り最大通信速度が従来の110Mbpsと言う速度から、二倍の220Mbpsになるのです。

その他には、Bluetoothに対応してますから、Wi-Fiよりも少ない消費電力でテザリングをする事が出来ます。 Read more

WiMAXの環境は口コミよりも良い場合が多いです

WiMAXの提供元は、auのグループ会社のUQコミュニケーションズです。だから、auに連携したサービスがいくつか存在します。

その中で特徴的なのが、auスマートバリューmineと言うサービスです。WiMAXの契約を行った後にauにて手続きを行なうと、auの月額料金が割引きされるサービスです。 Read more

速度制限が無いとは言っても

モバイルルーターを使ったインターネットサービスには、WiMAXの他にも様々なサービスが存在します。例えばですが、速度制限無しが強みのぷららモバイルLTEが存在します。ぷららモバイルLTEに速度制限が無いと言うのは確かにそうなのですが、通信速度が3Mbpsしか出ないと言うのはデメリットとも言えます。

ぷららモバイルLTEの通信速度って、速度制限時のWiMAXよりも低速になります。 Read more

ムービーを観ながらデータのダウンロードを行っても

光回線サービスで行われているキャッシュバック特典としては、代理店の方から支払われる形式のものと、プロバイダや光回線サービス大元から支払われる形式のものとがあります。

 

前者は契約する代理店によって金額が変わりますし、後者は公式キャンペーンと銘打ってキャッシュバックキャンペーンが実施されています。 Read more

ギガ放題プランへ申し込むことによって

WiMAX機器の中には、au 4G LTEと言ったauの通信回線に対応しているものもあります。au 4G LTEは人口カバー率が99%と言う利便性の高い通信回線で、幅広いエリアで利用出来ます。
そして、800MHzのプラチナバンドを使っていますので、奥まった場所まで電波が届きます。 Read more

各プロバイダではWiMAX端末のプレゼントキャンペーンを行っています

WiMAX機器は普通の価格が20000円しますし、クレードルセットで22750円もします。かなりの価格となりますので、WiMAX導入の際の足かせとなってしまいます。
ですので、各プロバイダではWiMAX端末のプレゼントキャンペーンを行っています。プロバイダによってはクレードルセットでタダの所もありますので、そう言うプロバイダを選択すると良いです。

Read more